胡蝶蘭の需要

 

胡蝶とは、その名の通り蝶の事ですが、胡は外国を意味します。つまり外国の蝶の様な欄ということです。原産地は東南アジアやインドなどの熱帯地域で、今ではもちろん日本でも栽培されています。高級感があり長持ちすることから、贈り物としても人気があります。店舗のOpen、新装開店、開業、引っ越しの際に贈られる鉢植えの定番となっています。自然の状態では2月から3月が見ごろの花ですが、温度調整をすることで、今では季節に関係なく咲かせることが可能です。

胡蝶蘭が贈り物として人気が高い理由の一つに、花言葉があります。色によっても異なりますが、蝶の形をしていることから「幸福が飛来する」が花言葉です。花言葉は国によっても異なりますが、英語では愛情、優雅、高級、美を表す花言葉となっています。 胡蝶蘭が贈り物として喜ばれる理由として、手入れが比較的簡単なことが挙げられます。直射日光を避け、室内の明るい風通しの良い場所に置き、鉢植えの土が乾いたら水遣りをするだけです。枯れた花は簡単に指でつまんでとれますので、細かい花弁や花粉、おしべめしべが床に散乱して掃除が面倒ということもありません。まるで造花の様に常に整った形状を保ち、手入れも簡単な花は、胡蝶蘭を置いて他にはありません。一年を通して手に入ることから、時期に縛られること無く様々なイベントに利用できます。

胡蝶蘭には様々な色や形があり、種類や大きさによって料金も異なります。胡蝶蘭をこれから購入される際の参考にして頂ければ幸いです。